残債ある場合について

残債ある場合のiphoneについて

よくあるケースで、携帯会社のローンが残ってるiphoneの売却です。

 

基本的に分割で買ってる人が多く購入してから2年未満だと残債があります。
この残債ある場合でも売ること自体はできます。

 

しかし、買取価格への影響は必至です。

 

ほぼ変わらないならいいですが、
残債あるものは平均すると通常版の5割〜7割くらいの買取金額になってしまいます。

 

iphone売ったらどうなる!?

 

もちろんiphoneを売ってもローンは残ります。
売ったことは関係なく、あなた自身のローンになるので支払いは継続することになります。

 

もしも途中で払わなかったら!?

 

iphone代金の未払いとなるとブラックリストに載ってしまうかもしれません。
そうなると新たに携帯を持つことが難しくなります。

 

いずれにせよiphoneの残債はクリアにしたほうがいいということです。

 

両方のパターンで比較

 

iphoneの残債あるものを売るなら
残債ナシ・アリで買い取り価格の違いを比べてみるのがいいでしょう。

 

確実にトクとなるほうで売ればいいのです。